• トップページへ
  • コンセプト
  • 製品案内
  • 会社案内
  • 採用情報
HOME > 二重床(乾式遮音二重床)とは

二重床(乾式遮音二重床)とは

近年、時代やお客様のニーズにより居室のあり方は大きく変化をしております。
かつてのバリアフリーなどに挙げられるような、全ての人が過ごしやすい空間の実現や、限られた空間を機能的に活用できる収納等のように『居室の内装を整えるだけ』ではなく、私たちが快適かつ安心して暮らせるような居室のあり方が問われております。そこで、そのような居住空間を足元からしっかりとサポートするのが、乾式遮音二重床です。

乾式遮音二重床とは、床の軽量床衝撃音LL(スプーンの落下音等)や重量床衝撃音LH(足音等)などを軽減する効果を期待して作られた床システムです。また、コンクリートスラブと乾式遮音二重床との間に設けられた空間は冷えや湿気を防ぎ、配管・配線を自由に通すことができるというメリットも持ち合わせた、施工性とメンテナンス性に大変優れた床システムと言えます。

淡路技建の乾式遮音二重床システムであるプレフロアーシリーズは、上記の特徴を漏らすことなく兼ね備えております。更に新商品であるプレフロアーEシリーズには、淡路技建の長年の経験と研究から編み出された『TPSテクノロジー』による画期的な防振ゴムが使用されております。その結果、遮音性能と耐荷重性能を両立した理想的な二重床システムを実現することができました。

ベースパネルと防振アジャスターには、リサイクル原料により製造されるパーティクルボードを採用するなど地球環境に配慮しております。また、VOC等ホルムアルデヒドを含む化学物質による室内空気汚染が原因であるシックハウス症候群の問題から、ホルムアルデヒド放散量がもっとも少ないF☆☆☆☆のパーティクルボードを用意するなど、入居者様の健康にも配慮いたしました。

このように淡路技建プレフロアーシリーズは、遮音性施工性安全性リサイクル等、時代やお客様のニーズを兼ね備えた二重床システムであり、弊社はこの乾式遮音二重床メーカーのエキスパートとして、全てのお客様にお喜びいただける二重床システムのご提供を実現するため、これからも、日々努力して参ります。


従来の施工法